1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 浣腸のカテーテル挿入時、患者に口呼吸させるのはなぜ?

2016年10月22日

浣腸のカテーテル挿入時、患者に口呼吸させるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は浣腸に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

浣腸のカテーテル挿入時、患者に口呼吸させるのはなぜ?

緊張して腹圧がかからないようにし、カテーテルを挿入しやすくするためです。

 

口呼吸させるのは

カテーテルを挿入する前に、必ずリドカイン(キシロカインゼリー)などの潤滑油をつけて、患者に苦痛を与えないようにします。しかし、異物が肛門から侵入することで肛門括約筋が収縮したり、緊張して自然に腹筋に力が入ってしまいます。そのときの状態は、排便動作に入ったときの「いきみ」に似ています。

「いきみ」は、吸息位で声門を閉ざすことで可能な動作ですから、口呼吸をすることでいきみを防ぐことができます。その結果、腹腔内圧がかからず、カテーテルの挿入が容易となります。

口呼吸をさせることも必要ですが、まず、その前に患者にくわしく浣腸の説明をし、少しでも不安を取り除き、できるだけ協力を得ることも重要です。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? [10/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ? 浣腸液が腸管内に留まることが... [ 記事を読む ]

  • 浣腸液の温度を40℃程度にするのはなぜ? [10/25up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸液の温度に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸液の温度を40℃程度にするのはなぜ? 腸壁を軽度に刺激して、適度の蠕動... [ 記事を読む ]

  • 浣腸のカテーテル挿入時、患者に口呼吸させるのはなぜ? [10/22up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸のカテーテル挿入時、患者に口呼吸させるのはなぜ? 緊張して腹圧がかからないよう...

  • 高圧浣腸時、イリゲーターの液面の高さを肛門から50cmくらいにするのはなぜ? [10/18up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は高圧浣腸に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   高圧浣腸時、イリゲーターの液面の高さを肛門から50cmくらいにするのはなぜ? ... [ 記事を読む ]

  • 浣腸時、左側臥位にするのはなぜ? [10/15up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は浣腸の体位に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   浣腸時、左側臥位にするのはなぜ? 腸の走行に合っていて無理なく浣腸液が注入で... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

payサービス使ってる?

投票数:
1758
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1316
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1211
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1067
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
947
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
490
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1745

クローン病患者さんへの食事指導の内容として、最も正しいものはどれでしょうか?

  • 1.乳製品は避けましょう。
  • 2.山菜やきのこなどの食物繊維を摂りましょう。
  • 3.白身魚や青魚、豆腐などでタンパク質を摂りましょう。
  • 4.豚バラ肉などの脂身の多い肉を食べましょう。
今日のクイズに挑戦!