1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ?

2016年05月17日

脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は脈の欠損(結滞)に関するQ&Aです。

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ?

心臓が拍動しているにも拘らず、循環血液量が減少しているか、心室に十分な血液量が充満しないまま心臓が拍動しているためです。

 

脈の欠損(結滞)が原因

一般的には心拍数と脈拍数はほぼ大きな差はないのですが、期外収縮や心房細動などの不整脈をきたす疾患では、脈拍が何回かに1回途切れてしまう〔脈の欠損(結滞)とよぶ〕状態が生じ、脈拍数が心拍数より少なくなります。

これは正常なリズムによる心臓の収縮でないために、心室に血液が充填される前に心臓が収縮し、十分な血液量を大動脈に送り出すことができず、このため大動脈に伝わる拍動が弱く、脈拍として触れることが難しくなり脈の欠損(結滞)が生じます。

また、循環血液量が減少している場合も、心臓から大動脈に送り出される血液量が少なく、拍動が弱くなるとともに脈拍として触れることが困難となり、脈拍数の減少をきたすことがあります。

 

⇒この〔連載記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

参考文献

著作権について

この連載

  • 脈拍測定時、首を曲げたり回したりしてはいけないのはなぜ? [05/24up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   脈拍測定時、首を曲げたり回したりしてはいけないのはなぜ? 鎖骨によって鎖骨下動... [ 記事を読む ]

  • 脈拍の左右差を確認するのはなぜ? [05/20up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍の左右差に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   脈拍の左右差を確認するのはなぜ? 脈拍の左右差がある場合、拍動が弱い側の動... [ 記事を読む ]

  • 脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ? [05/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈の欠損(結滞)に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   脈拍数と心拍数が異なる場合があるのはなぜ? 心臓が拍動しているにも拘ら...

  • 脈拍は、一般に橈骨動脈で測定するのはなぜ? [05/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍測定に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   脈拍は、一般に橈骨動脈で測定するのはなぜ? 皮膚に近い部位にあり、走行部位の個... [ 記事を読む ]

  • 脈拍を測定するとき示指、中指、薬指の3指で測定するのはなぜ? [05/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は脈拍の測定方法に関するQ&Aです。 江口正信 公立福生病院診療部部長   脈拍を測定するとき示指、中指、薬指の3指で測定するのはなぜ? 母指を用い... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

  • 心室頻拍,トルサード・ド・ポアンツ [01/29up]

    『循環器ナーシング』2014年5月号<この波形を見逃すな!循環器病棟の危険な不整脈>より抜粋。 心室頻拍,トルサード・ド・ポアンツ について解説します。 Point 心電図モニターで,洞調律時の波形とは異なっ... [ 記事を読む ]

  • 心筋変性疾患の心電図|各疾患の心電図(6) [12/13up]

    心電図が苦手なナースのための解説書『アクティブ心電図』より。 〈前回の内容〉 急性心筋炎の心電図   今回は、心筋変性疾患について解説します。 田中喜美夫 田中循環器内科クリニック院長   ... [ 記事を読む ]

  • 血圧|循環 [08/09up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 血液の分配と微小循環 今回は、血圧について解説します。 片野由美 山形大学医学部名誉教授 内田勝雄 山形県立保健医療大学名誉... [ 記事を読む ]

  • WPW症候群 [12/07up]

    『循環器ナーシング』2011年9月号<基礎から学び看護に活かす心電図・不整脈の3ステップ >より抜粋。 WPW症候群について解説します。   Point WPW症候群の心電図の洞調律時,発作性上室頻拍(... [ 記事を読む ]

  • 急性心不全の鎮痛・鎮静管理 [11/15up]

    『基礎からはじめる鎮痛・鎮静管理マスター講座』より転載。 今回は、急性心不全の鎮痛・鎮静管理について解説します。 〈目次〉 急性心不全の病態生理 急性心不全の病態生理の鎮痛・鎮静管理の目標 急性心不... [ 記事を読む ]

いちおし記事

点滴の留置針交換でモヤモヤ|看護師かげと白石の今週のモヤッと(8)

タイミングの違いに関する3年目ナースのお悩み。あなたの職場ではどんなルールがある? [ 記事を読む ]

認知症の患者さん「攻撃性がある」と感じたら?

事例をもとに対応のポイントを解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

日常生活でうっかりつかってしまう専門用語ある?

投票数:
1367
実施期間:
2019年10月29日 2019年11月19日

人に言いたくなるキラキラ休日の過ごし方は?

投票数:
1266
実施期間:
2019年11月01日 2019年11月22日

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1114
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1089
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
954
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
771
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者7005

◆呼吸器の問題◆緊張性気胸には表れにくい身体所見はどれでしょうか?

  • 1.気管偏位
  • 2.奇異呼吸
  • 3.頸静脈怒張
  • 4.皮下気腫
今日のクイズに挑戦!