1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. ワンポイント生理学>
  4. 筋の収縮のメカニズム|骨格筋の機能

2016年03月13日

筋の収縮のメカニズム|骨格筋の機能

看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。
今回は、筋の収縮のメカニズムについて解説します。

 

Summary

  • 筋肉は、構造と機能から一般に骨格筋、心筋、平滑筋の3種類に分類される。
  • 骨格筋と心筋は横紋をもっているが、平滑筋には横紋がない。
  • 心筋と平滑筋細胞は機能的には合胞体のため細胞間の連絡があるが、骨格筋の筋線維間には連絡がない。
  • 心臓と平滑筋(内蔵平滑筋)は、自発的に活動電位を発生するペースメーカ細胞をもっているが、骨格筋にはない。
  • 筋肉の種類を問わず筋細胞は、収縮タンパク(アクチンとミオシン)をもっており、アクチンとミオシンの滑走により収縮する。収縮にはカルシウムが必要である。

 

筋肉は構造と機能から一般に骨格筋 (skeletal muscle)、心筋 (cardiac muscle)、平滑筋 (smooth muscle)の3種類に分類される。

骨格筋横紋 (cross-striation)(図1)がよく発達し、正常では神経の刺激がなければ収縮しない。

図1横紋

横紋

 

また、筋線維間には形態的にも機能的にも連絡がなく、一般には随意性の神経(運動神経)支配を受けている。

心筋にも横紋があるが、心筋は機能的にはシンシチウム (syncytium:合胞体)である。そして心筋層の中に自発的に活動電位を発生するペースメーカ細胞 (pacemaker cell:歩調取り細胞)があるために、心臓外からの神経支配を遮断した後でも心臓は自律的に収縮する。

平滑筋には内蔵型(単一ユニット型)と多ユニット型の2種類があるが、いずれにも横紋はない。内蔵平滑筋は、機能的にはシンシチウムであり、不規則に活動電位を発生するペースメーカ細胞をもっている。

そのため、不規則ながら自発的に収縮できる。大多数の中空性内臓器官は内蔵平滑筋からできている。一方、多ユニット平滑筋は、自発的に収縮することなく、1本の筋線維が刺激されるとその筋線維だけが収縮する。

その点は骨格筋に似ている。多ユニット平滑筋は大血管や眼の虹彩に存在する。筋肉の種類にかかわらず、筋細胞は神経線維と同様、化学的・電気的・機械的刺激によって興奮し、活動電位を発生する。

この活動電位は筋細胞の膜に沿って伝わる。神経線維と異なる重要な特徴は、筋細胞は収縮タンパクアクチンミオシン)をもつこと、活動電位によって収縮機構が働くことである。すなわち、筋肉の種類を問わず、アクチンとミオシンの滑走が起こり、筋が収縮する。

この収縮機構にはカルシウム(Ca2+が重要な役割を果たしている。活動電位と収縮を結びつける機構を筋の興奮収縮連関 (excitation-contraction coupling:E-C coupling)とよぶ。

骨格筋、心筋、平滑筋では、収縮張力発生メカニズムに違いもみられる(表1)。

表1筋肉組織の収縮張力発生メカニズムの違い

筋肉組織の収縮張力発生メカニズムの違い

 

次回以降は、骨格筋、心筋、平滑筋の興奮収縮連関について概説する。

 

〈次回〉

骨格筋収縮のメカニズム(1)

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版図解ワンポイント生理学』(著者)片野由美、内田勝雄/2015年5月刊行

新訂版 図解ワンポイント 生理学

 引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 骨格筋収縮のメカニズム(2)|骨格筋の機能 [03/23up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 骨格筋収縮のメカニズム(1) 今回は、骨格筋収縮のメカニズムについての解説の2回目です。   Summary ... [ 記事を読む ]

  • 骨格筋収縮のメカニズム(1)|骨格筋の機能 [03/18up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 筋の収縮のメカニズム 今回は、骨格筋収縮のメカニズムについての解説の1回目です。   Summary 骨格筋... [ 記事を読む ]

  • 筋の収縮のメカニズム|骨格筋の機能 [03/13up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 今回は、筋の収縮のメカニズムについて解説します。   Summary 筋肉は、構造と機能から一般に骨格筋、心筋、平滑筋の3種類に分類される。...

  • 受容体と細胞内情報伝達系(2)|細胞の基本機能 [03/07up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 受容体と細胞内情報伝達系(1)|細胞の基本機能 今回は、受容体と細胞内情報伝達系についての解説の2回目です。   Sum... [ 記事を読む ]

  • 受容体と細胞内情報伝達系(1)|細胞の基本機能 [02/28up]

    看護師のための生理学の解説書『図解ワンポイント生理学』より。 〈前回の内容〉 シナプス伝達|生体機能の統御(2) 今回は、受容体と細胞内情報伝達系についての解説の1回目です。   Summary ... [ 記事を読む ]

もっと見る

いちおし記事

MCIがアルツハイマー病に発展する原因は?

ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」を題材にわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

ドレーンの種類と管理方法

ドレーン排液の異常や固定部のずれ、ゆるみの有無を観察しましょう! [ 記事を読む ]

人気トピック

看護師みんなのアンケート

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
1123
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
1128
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1172
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
1055
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
1028
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日

安楽死に賛成?反対?

投票数:
878
実施期間:
2018年12月11日 2019年01月01日

今年一番の個人的なニュースは?

投票数:
687
実施期間:
2018年12月14日 2019年01月04日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1040

在胎週数30週、1,100gで出生した男児が経鼻的持続陽圧呼吸療法管理中で、仰臥位管理となっています。口腔より胃管が留置され、上肢には点滴ラインが留置されています。安静時期のポジショニングで適切なのはどれでしょうか?

  • 1.ライン類確保のため、上肢は抑制する。
  • 2.後頸部の軽度伸展と体幹の屈曲、肩甲帯の下制・前方突出とする。
  • 3.足底は臀部のラインより下に出ていてもよい。
  • 4.下肢は外反、外転位となるような姿勢をとる。
今日のクイズに挑戦!