1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子>
  4. アンパンマンの歌がつらかった理由―ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

2015年12月09日

アンパンマンの歌がつらかった理由―ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子

音楽のあるホスピスから

Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味

音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。

確かに音楽には人々に喜びを与え、ムードを向上させる要素がありますが、必ずしもそれがセッションの目的ではありません。

 

アメリカのホスピスで音楽療法を行う佐藤さん

 

アンパンマンの明るい曲がつらかったお母さん

昨年、心臓病を持ったお子さんと音楽療法をしました。セッションの後、その子のお母さんが言ったことが忘れられません。

 

「音楽療法って、イメージと違いました」

 

数年前、お子さんが心臓の手術で入院していたとき、看護師さんが毎日巡回にステレオを持ってきて、「アンパンマン」の歌をかけたそうです。

 

「明るい歌で、私たちを元気にしようという気持ちだったんだと思います。でも、私はそういう気持ちに全然なれなくて……逆にその時間がすごくつらかったんです」

 

なぜ「アンパンマン」の歌が、お母さんにとってつらく感じたのでしょうか。

 

私には元気をくれる曲も、あなたにはつらいかもしれない

音楽の反応はひとりひとり違うため、私にとって元気が出る音楽があなたにとってもそうだとは限りません。

「アンパンマン」の歌で明るい気持ちになる人もいれば、そうでない人もいます。

 

それを考慮しなければ、音楽は単なる押し付けになってしまうのです。

 

人に役立つ音楽を選ぶためには、その人について知る必要があります。

その人の気持ちや状況、その人がどんな人生を歩んできた人なのかなどを知らなければいけません。

 

そのためにはリスニングスキル(聴く技術)が大切です。

 

だからこそ、音楽療法士になるには、心理学やカウンセリングを学ぶ必要があるのです。

 

気持ちを受け止める「バリデーション」

お母さんが「アンパンマン」の歌を聞いてつらいと感じたもうひとつの理由は、歌の内容やムードが彼女の気持ちとかけ離れたものであったことにあります。

 

心のケアにおいての基本は相手の気持ちを受け止めることです。その人の気持ちと向かい合い、確認し、「あなたはこう思っているのですね」と認めることを、

「バリデーション(Validation)」

と言います。

 

つらい気持ちの人に明るい歌を聞かせることは、バリデーションにはなりません。

 

バリデーションのわかりやすい例を挙げましょう。

 

お母さん「この子、手術してから、あまり食欲がなくて……」

 

看護師A「そのうち食欲が出ますよ。お母さん、元気出してください」

 

看護師B「食欲がないのは心配ですよね。手術後に食欲がないのはよくあることですから、もう少し様子をみましょう」

 

看護師Aはお母さんに「語る」アプローチであるのに対して、看護師Bはお母さんの気持ちを「聴く」アプローチです。

 

看護師Bはお母さんの心配する気持ちを汲み取り、それを言葉で反映しています。

バリデーションをすることで何が起こるかというと、相手が「理解してもらった」という安心感を持ちます。

 

「この人は私の気持ちをわかってくれる」と感じたとき、初めて人は心を開くのです。

 

回復や成長につながる「気づき」になる音楽

音楽療法では、言葉だけではなく、音楽を使ってバリデーションを行います。

患者さんやご家族の気持ちを代弁するような曲を使うことで、その人の気持ちに寄り添うのです。

 

音楽の選択のみならず、弾き方、歌い方、伴奏の仕方なども、相手の気持ちやムード、呼吸などに合わせます。

 

つまり、音楽そのものが鏡のような存在として、その人の気持ちを映しだすのです。

そうすることによって、本人が自分の気持ちに気づきます。

 

その「気づき」こそが、回復や成長につながるのです。

 

 

【佐藤由美子】

ホスピス緩和ケアを専門とする米国認定音楽療法士。バージニア州立ラッドフォード大学大学院音楽科を卒業後、オハイオ州シンシナティのホスピスで10年間音楽療法を実践。2013年に帰国。帰国後は青森県在住。15年からは青森慈恵会病院の緩和ケア病棟で音楽療法士として働いている。著書に『ラスト・ソング』(ポプラ社)がある。ハフィントンポスト(日本版)でBlog「佐藤由美子の音楽療法日記」を掲載中。

 

この連載

  • Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 [04/27up]

    音楽のあるホスピスから Vol.4 「ケア」の意味を考える 私は2002年からアメリカのホスピスで音楽療法士として活動し、2013年に帰国して以来、国内の緩和ケア病棟や在宅で患者さんを看ています。   講演な... [ 記事を読む ]

  • Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる [02/16up]

    音楽のあるホスピスから Vol.3 音楽療法は記憶の扉を開けるカギ 有名な神経学者、オリバーサックス博士は認知症と音楽の関係についてこう語っています。 「彼らにとって音楽は贅沢ではなく、必要不可欠なものだ。音楽は他... [ 記事を読む ]

  • Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 [12/09up]

    音楽のあるホスピスから Vol.2 音楽療法が「心を癒やす」ほんとうの意味 音楽療法というと、音楽で患者さんを元気づけるとか、一緒に歌って楽しむというイメージがあるかもしれません。 確かに音楽には人々に喜びを与え、...

  • Vol.1 「音楽」という治療がある [10/21up]

    ホスピス緩和ケアを専門とする音楽療法士・佐藤由美子さんのコラム第一回。「治療としての音楽」と日本の現状、音楽があるホスピスの日常を届けていただきます。   音楽のあるホスピスから Vol.1 「音楽」という治療があ... [ 記事を読む ]

  • ホスピスで働く音楽療法士・佐藤由美子【全記事まとめ】 [12/16up]

    Vol.1 「音楽」という治療がある Vol.2 アンパンマンの歌がつらかった理由 Vol.3 認知症の脳でも音楽は認識できる Vol.4 ホスピスと緩和ケアの違いと共通点 Vol.5 音楽療法は誰をサポート... [ 記事を読む ]

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(3)

3匿名2015年12月10日 22時23分

聴かされるのはイヤだ!と言ってもいいならよかった。

2匿名2015年12月09日 20時24分

落ち込んだ時は、曲で随分癒されましたものね。分かる。

1匿名2015年12月09日 20時22分

たしかに辛いときに明るい歌あんまり聴きたくない

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1484
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
525
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
195
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者278

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!