もうこわくない!「何か変」に気づいて動ける 急変対応セミナー

テキスト郵送 280分

看護roo!

¥3,300 (税込) ポイント利用OK

学びのPoint

  • Point 1

    急変の前兆に気づき、緊急コールのタイミングに自信がもてるようになる

  • Point 2

    発見者、応援者、物品対応、手技・介助、記録…流れと動き方が“ぜんぶ”わかる

  • Point 3

    急変現場のコミュニケーションと記録のコツがわかる

動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!へのログインが必要です

※動画の視聴期間は購入日から1年間です

動画情報

「急変ってなかなか遭遇しないけど、もし起こったらナースとして責任重大…」

「院内研修は受けたけど、忘れてるかもだし…」

そんな漠然とした不安はありませんか?

 

発見者、応援者、物品対応、手技・介助、記録まで、どの場面でもナースとして役割が果たせるようになる“ぜんぶ入り”のセミナーが登場。

これさえ受ければ、もし明日急変が起こっても大丈夫!

 
「急変後の対応」だけでな く「急変の予測」までできるようになる「テキスト郵送付き・3000円」の“コスパ最強”のセミナー

 

ほかでは、さらっと解説 されがちな手技や手順をどこよりも丁寧に解説しているので、不安⇒自信を持って急変に対応できるようになる

 

基礎から知 りたい若手ナースはもちろん、ベテランナースの学び直しにも◎

お申し込みはお早めに!
 

 

「いざという時、私、ちゃんと動ける…?」

そんな不安を

この機会に解消しちゃおう!

 

動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!への ログインが必要です
※動画の視聴期間は購入日から1年間です

 

 

 

 

特徴1. 緊急コールのタイミングに自信がもてる

「患者さんが話せているから大丈夫?」

「意識はあるし、その場を離れてもいい?」

患者さんの異変に気づいても、【緊急コールをするか】って正直迷いますよね…。

 

このセミナーでは「【急変の前兆】から【急変】に至るまでのプロセス」を、どこよりもわかりやすく解説!

 

「急変の前兆」に気づけるようになるだけでなく、「この状態からは本当にヤバい」が実例とともにわかるから、

もう緊急コールのタイミングに迷いません!

 

 

詳しい講義内容を読む 講義内容

Lesson1 急変時の評価・初期対応がわかる
1 急変対応の現場で力を発揮するには?

2 そもそも「急変」ってどんな状態?

3 第一印象の評価、迅速評価、緊急度判定

4 急変時の応援要請

5 一次評価と初期対応、二次評価
 

Lesson2 BLSがわかる 

1 BLSアルゴリズムを定着させるには?

2 ステップごとにわかる! BLSアルゴリズムのポイント

 ステップ1 周囲の安全確認と感染対策

 ステップ2 患者さんの反応確認

 ステップ3 応援要請

 ステップ4 呼吸と脈拍の確認

 ステップ5 胸骨圧迫、人工呼吸

 ステップ6・7 AED/除細動器の装着と心電図解析

 ステップ8 CPRの継続

 

Lesson3 ALSがわかる 

1 ALSの内容

 ①ALSとは

 ②静脈路の確保

 ③薬剤投与

 ④高度な気道確保の方法(エアウェイ、気管挿管の介助)

2 BLS・ALSでの応援看護師の動き方

3 急変時の記録

 

Lesson4 事例で急変対応をおさらいしよう!

1 急変時の評価の流れをおさらい!

2 ベッド上以外で患者さんが倒れていた場合の対応

(廊下、個室トイレ、ベッドからの転落など)
 

講義時間:約280分(実技動画含む)

 

動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!へのログインが必要です
※動画の視聴期間は購入日から1年間です

 

 

 

 

特徴2. 発見者、応援者、 物品対応、手技・介助、記録。流れと動き方が“ぜんぶ”わかる

急変って、なかなか遭遇しないうえに、起きる状況は毎回違いますよね。

臨床現場で、ぜんぶの役割の経験はなかなかできないけど、このセミナーでは疑似体験できます!

 

【自分が第一発見者の場合】【応援者の場合】【足りない物品を持ってくる場合】【手技・介助をする場合】【記録者になる場合】“ぜんぶ”の看護師の役割が、セミナーを受けると身に つきます。

 

一連の流れと動き方は、このセミナーだけでバッチリ!病院で手技を実演した動画でリアルにわかる

 

 

特徴3. 急変現場のコミュニケーションのコツがわかる

このセミナーでは「こう対応する」という説明だけではなく、具体的な声かけの例文や、報告文を 豊富にご紹介

だから、新人ナースも明日からスグ使える内容です!

 

現場で実際に使える言い回しや、医師への確認で気をつけたいポイントも満載◎

 

「こう言えばいい」「こう伝えればいい」がイメージできるから、明日急変が起こっても大丈夫!

 

 

 

特徴4. 事例が豊富!いろんな場面に対応できるようになる!

セミナー最後の50分は、さまざまな事例を使って、具体的な対応方法それぞれの対応を解説していきます。

 

その都度違うのが急変の特徴。だから、事例で流れをおさらいし、疑似体験していくのが大切です。

 

 

動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!へのログインが必要です
※動画の視聴期間は購入日から1年間です

 

講師&監修者プロフィール

セミナー講師:

宇野翔吾
株式会社日立製作所 日立総合病院 看護局 救命救急センター

救急看護認定看護師 、日本DMAT隊員、AHA-ACLSディレクター/インストラクター、ICLSインストラクターなど。

 

 

<講師か ら一言>

僕には、今でも忘れられない出来事があります。

新人看護師だった頃、夜勤中 に、患者さんの急変を発見したときのこと。

 

ちょうどラウンドの時間で、夜勤者3人で、それぞれ病室を回っていました。

病棟の構造上、先輩2人は遠くにいて、すぐに呼ぶことができず…。

もちろん院内研修には出て対応方法は知っていたつもりでしたが、かたまっちゃって何もできなかった。

頭が真っ白になってしまったんです。

 

その患者さんは結局、お亡くなりになってしまって。

「もっとこうできたんじゃないか」
「大声くらい出せたんじゃないか」
「なんであぁしなかったんだろう…」

ものすごく後悔して、長い間苦しかったです。

 

そこから立ち直って、急変対応の研修やセミナーに出て手当たり次第勉強してきました。

 

20年以上、急変と徹底的に向き合ってきた甲斐あって、今は臨床の傍ら、講師として急変対応を教える側になったわけですが、あのときした悔しい思いは、まさに私の原動力です。

 

だから、今回のセミナーでは、「受講者のみなさんに僕のような思いをしてほしくない」という気持ちを込めました。


「僕のように遠回りせず、すぐに急 変対応のポイントをつかんでほしい」
という一心で、

「人生初の急変対応でもここだけはできるように」という最初の一歩から、

何度目かの急変対 応で、「もっとうまく動きたい、役割を果たしたい」と思っている先輩・ベテランナースに向けた内容まで、280分に僕のすべてを注ぎ込みました。

どんなセミナーよりも丁寧に、わかりやすく、ポイントを覚えられるように作ったつもりです。

 

 

全部通しで見なくてもわかる構成にしています。

だから280分ぜんぶ集中するもよし、スキマ時間に自分が知りたいポイントだけ見るもよし。

あなたの好きなスタイルで受講してみてくださいね。

 

ただでさえ業務で忙しいあなたが、「自分の看ている患者さんがもし急変しちゃったら…」の不安から、解放されますように。

ぜひ一緒に、楽しみながら学んでいきましょう!

 

 

セミナー監修:

志賀隆
国際 医療福祉大学 医学部 救急医学教授(代表)・同大学成田病院救急科部長。


日本救急医学会救急科専門医・指導医。
米国メイヨー・クリニックでの救急研 修を経て、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院で指導医を務めた救急医療のスペシャリスト。
たくさんの医療職の学びをサポートしたい救急医。

 

 

動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!へのログインが必要です
※動画の視聴期間は購入日から1年間です

 

特典:テキスト(冊子・データ)付き

  • テキスト冊子は通常1週間前後で郵送にてお届けします
  • テキストデータは購入後いつでもダウンロードできます
  • 2週間経っても届かない場合はお問い合わせください
  • 海外へのテキスト冊子の発送は承っておりません
ポストに封筒が届くよ

提供

看護roo!
動画を購入・視聴する

※動画の購入・購入済み動画の視聴には看護roo!へのログインが必要です

※動画の視聴期間は購入日から1年間です

今月の人気ランキング

キーワードで探す

37本公開中!