脳幹のしくみとはたらき

『本当に大切なことが1冊でわかる脳神経』より転載。
今回は脳幹の解剖生理について解説します。

 

剱持雄二
東海大学医学部付属八王子病院看護部主任 集中ケア認定看護師

 

 

脳幹〈のうかん〉は、中枢神経系を構成する重要な部位が集まる器官です(図1)。

 

図1脳幹の役割と血管走行

 

脳幹は、大脳に近い側から中脳延髄の3つの部分に分けられます。

 

延髄は生命の維持に欠かせない呼吸、血圧、嚥下などの自律機能を直接制御している重要な部位です。

 

フキダシ:脳幹はこの小さな部分に多数の生命維持機能を含んでいます

 

脳幹には、動眼神経、滑車神経、三叉神経、外転神経、顔面神経、副神経、舌下神経の運動核が存在し、眼球運動や舌の運動を調節しています。

 

脳幹網様体は、視床、大脳に刺激を送り意識を保つ機能があるため、この領域が障害されると意識障害が起こります。

 

大脳皮質からの運動の指令を末梢へ伝える経路で、脳幹の錐体を通るものを錐体路といいます。

 

脳幹が障害されると図2のような症状が起こります。

 

図2脳幹が障害されると

図2脳幹が障害されると

 

 

 

 


本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 脳神経」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

 

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 脳神経』 編集/東海大学医学部付属八王子病院看護部/2020年4月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ