MRI検査

『本当に大切なことが1冊でわかる循環器』より転載。
今回はMRI検査について解説します。

大森昌子
新東京病院看護部

 

MRI検査はどんな検査?

磁気共鳴現象を利用して、人体の横断像・縦断像を描くMRI検査(磁気共鳴画像法)では、1回の検査で心機能、心筋血流、心筋生存能の評価、冠動脈の描出が可能です(図1)。梗塞や線維化などの心筋性状や心筋血流、壁運動、また冠動脈の高度石灰化病変の内腔も描出することができます。ただし、ステント内腔は描出できないため、PCI既往のある人の冠動脈は評価できません。

図1MRI検査画像のみかた

MRI検査画像のみかた

冠動脈の評価では、空間分解能が高いCTが優先されますが、放射線感受性の高い若年者にはMRI検査の利用がすすめられます。また、1.5TMRI装置では、造影剤を使用せず撮影することができるため、腎機能障害がある人でも検査を受けられます。

検査を受けることができないのは、MRI非対応のペースメーカICD植込み冠動脈や頸動脈にステントを挿入して間もない人などです。また、検査時間が30分から1時間と長く、閉所恐怖症の人も難しいです。

造影MRIではガドリニウム造影剤を使用します。重篤な腎機能障害がある場合、腎性全身性線維症(NSF)※1が現れることがあるため、絶対的禁忌です。

 


[memo]
  • ※1 腎性全身性線維症(NSF)(上へ戻る
    腎不全患者にMRI造影剤であるガドリニウムを使用した場合に生じる全身性疾患である。体幹の皮膚の肥厚・硬化、関節拘縮を呈し、肺・肝臓・筋・心臓などの多臓器が侵される。

文献

  • 1)医療情報科学研究所編:病気がみえる vol.2循環器 第4版.メディックメディア,東京,2017.     
  • 2)齋藤滋監修,高橋佐枝子,島袋朋子編:やさしくわかる心臓カテーテル 検査・治療・看護.照林社,東京,2014.    
  • 3)木村文子,西村重敬編:見て診て学ぶ 虚血性心疾患の画像診断 ̶CT・MRI・医学・USで診断する̶.永井書店,大阪,2009.   
  • 4)川久保清:運動負荷心電図 その方法と読み方 第2版.医学書院,東京,2010.     
  • 5)水島美津子,岩下淨明,上條敏夫 他:図説 超音波検査シリーズ12.国立医療学会編:超音波検査の進め方 下肢動脈・下肢静脈疾患のチェックポイント.医療 2006;60(12):788-796.  
  • 6)小山英則:末梢動脈疾患(PAD)診断と治療の進歩.日本内科学会雑誌 2008;97(2):267-397.
  • 7)中西新,副島宏美:血管超音波検査による下肢動脈血流の評価.創傷 2011;2(2):65-72.

本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

書籍「本当に大切なことが1冊でわかる 循環器」のより詳しい特徴、おすすめポイントはこちら

 

> Amazonで見る  > 楽天で見る

 

[出典] 『本当に大切なことが1冊でわかる 循環器 第2版』 編集/新東京病院看護部/2020年2月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ