挿入時、患者に口呼吸をさせるのはなぜ?|直腸内与薬

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は直腸内坐薬挿入時に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

挿入時、患者に口呼吸をさせるのはなぜ?

挿入時に口呼吸を促すのは、患者の緊張を解き、腹圧がかからないようにして、肛門括約筋を弛緩させるためです。

 

緊張している状態だと、肛門括約筋(かつやくきん)が収縮して、挿入時に痛みが発生する可能性が高くなります。

 

なお、挿入の前に冷蔵庫から坐薬を取り出し、室温程度にしておくことも、肛門痛を防ぐためには有効です。坐薬の先端にワセリンやオリーブ油などの潤滑剤を塗るのも、挿入を楽にして痛みを軽減するためによい方法です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ