カプセル剤をカプセルから出してはいけないのはなぜ?|経口与薬

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はカプセル剤に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

カプセル剤をカプセルから出してはいけないのはなぜ?

カプセルの中身だけ取り出して飲んではいけないのは、薬効時間を保つため、あるいは胃腸障害や効きすぎなどによる副作用を防ぐためです。

 

カプセル剤は、顆粒状の成分をカプセルで包んだもので、服用後、胃腸管内でカプセルが徐々に溶け出します。そのため、カプセル内の成分が長時間かけて吸収され、薬の作用時間を長く保つことができます。

 

中身だけ飲むと成分がすぐに吸収され、作用時間が短くなってしまいます。また、腸障害が生じる危険性も高くなり、血中濃度が有効量をはるかに超えてしまうため、副作用が生じる可能性も高くなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ