チューブを掛け布団の外に出すのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は点滴静脈内注射のチューブに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

チューブを掛け布団の外に出すのはなぜ?

チューブが体の下敷きになると、滴下しなくなってしまうため、チューブは掛け布団の上に出しておき、遠くからでも確認できるようにしておきます。

 

特に、意識のない患者、就寝中の患者、小児などは、こうした配慮を忘れずに行う必要があります。

 

チューブが折れ曲がっていないか、連結部が外れていないかなどの確認は、安全な点滴静脈内注射に欠かせない視点です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ