チューブにループを作って固定するのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はチューブの固定に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

チューブにループを作って固定するのはなぜ?

固定をする時にチューブにループを作るのは、何らかの原因でチューブが引っ張られた場合でも、注射針や留置針に直接力が加わらないようにするためです。

 

特に小児は、点滴静脈内注射中でも遊んだり走ったりしがちなので、こうした措置は必須です。

 

ループを作らないで固定しておくと、ちょっとしたはずみで針が血管から外れて皮下に漏れたり、針が完全に抜けて点滴静脈内注射が持続できなくなります。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ