自然滴下の場合、体位や肢位によって滴下速度が変わるのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は滴下速度に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

自然滴下の場合、体位や肢位によって滴下速度が変わるのはなぜ?

自然滴下では、輸液ボトルの位置と刺入部位の位置との落差が滴下速度に影響を与えるからです。

 

点滴スタンドが低くなりすぎるとボトルの位置も低くなり、滴下速度が遅くなります。輸液残量の減少による滴下圧の減少によっても、滴下速度は遅くなります。

 

また、体位による静脈のうっ血が生じると滴下速度は遅くなりますが、体位変換によって静脈のうっ血が解消されると速くなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ