10~30度くらいの角度で刺入するのはなぜ?|皮下注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は皮下注射を刺入する際の角度に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

10~30度くらいの角度で刺入するのはなぜ?

10~30度くらいの角度で皮膚に刺入するのは、皮膚表面から比較的浅い皮下組織への刺入に適した角度だからです。

 

皮下組織は、真皮と筋層に挟まれた組織です。角度をつけすぎると針先が筋層にまで達してしまい、薬剤の血中濃度が速く上昇してしまいます。そのため、副作用をひき起こしたり、皮下注射としての有効な薬剤の働きを得られなくなります。

 

深層の神経や血管を損傷しないためにも、浅い刺入角度で行うようにします。逆に10度より浅い刺入角度にすると皮下に達することができず、皮内注射になってしまう可能性があります。

 

図1皮下注射を刺入する際の角度

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ