筋肉内注射の注射後に痛みが残るのはなぜ?|筋肉内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は筋肉内注射の注射後に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

筋肉内注射の注射後に痛みが残るのはなぜ?

筋肉内注射は、間隙(かんげき)が少ない筋線維に薬液を注入するわけですから、人為的に肉離れを起こしている状態ともいえます。

 

そのため、注入する薬液の量が多いほど、疼痛が持続することになります。一般的に疼痛は半日程度続き、注射部位に手や物が触れたり、圧迫を受けたりすると痛みを感じます。なお、油性の薬液は、水性に比べると疼痛が軽くすむ傾向があります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ