筋肉内注射を行うのはなぜ?|筋肉内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は筋肉内注射に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

筋肉内注射を行うのはなぜ?

筋肉内注射は、血管が豊富に分布する筋肉内に注射することで、薬剤の吸収を早める目的で行われます。薬剤が容易に確実に末梢血管に吸収されるため、皮下注射の約2倍の速さで効果が現れます。

 

筋肉注射が選択されるのは、刺激性があったり、容易に吸収されない薬剤の場合です。また、皮下注射よりも速い効果を期待したいにもかかわらず静脈内注射が適さない薬剤を使用する場合も、筋肉内注射を行います。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ