皮膚面に対して15~20度で刺入するのはなぜ?|静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は刺入する際の角度に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

皮膚面に対して15~20度で刺入するのはなぜ?

15~20度と小さな角度で刺入するのは、静脈の走行に沿って平行に刺入することで、血管を突き抜く危険性を減らすためです。

 

大きな角度で刺入すると、わずかな誤差で血管を突き抜けやすくなってしまいます。

 

刺入する静脈より約1cm末梢の皮膚に、針先のカット面を上に向けて刺入します。

 

図1刺入する際の角度

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ