注射針のカット面と注射器の目盛りを合わせるのはなぜ?|静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は静脈内注射に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

注射針のカット面と注射器の目盛りを合わせるのはなぜ?

注射針のカット面と注射器の目盛りを同じ側にして接続するのは、アンプルやバイアルから薬剤を移す時に薬剤量の確認がしやすいからです。

 

採血の時も同様にします。こうしておくと、必要とする血液の量を確認しやすくなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ