注射器による採血で、腕を肘枕に乗せるのはなぜ?|採血

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は注射器による採血に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

注射器による採血で、腕を肘枕に乗せるのはなぜ?

注射器での採血を行う際に腕を肘枕(ひじまくら)に乗せるのは、肘を安定させるためです。

 

皮膚が伸展していると、針が血管に到達しやすくなります。また、腕を肘枕の上に置くことで支持されますので、安定感が増します。

 

肘枕に乗せる時に注意したいのは、肘が反り返らないように水平に保つことです。肘が反り返ると血管が引き伸ばされ、血管径(けい)が細くなって針が入りづらくなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ