歩行時に後ろから声をかけてはいけないのはなぜ?|歩行援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は患者の歩行時の声かけに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

歩行時に後ろから声をかけてはいけないのはなぜ?

歩行器や杖で歩いている時に後ろから声をかけると、振り向きざまに体のバランスが崩れ、転倒しやすくなるからです。ですから、患者が前方に歩くことで精一杯の段階の場合は、決して後ろから声をかけないようにします。

 

歩行の援助を行う時は、歩行の妨げになるような服装を避け、足のサイズに合った滑り止めつきの靴を履いているかどうか、チェックすることが大切です。

 

三点歩行と二点歩行

三点歩行というのは、健側の側に杖を持ち、杖→患側下肢→健側下肢の順に出して歩行するやり方です。二点歩行は、杖と患側下肢を同時に出す方法です。

 

歩行練習は三点歩行から開始し、スムーズに進める状態になったところで二点歩行へと移行します。

 

 

 

memo移動(歩行)での事故

 

  • 患側の障害物に気づかずにぶつかる
  • ぶつかったまま進もうとする
  • 尿意に伴う性急(せいきゅう)な動作による転倒
  • 単独で歩行訓練をして転倒
  • 道に迷う
  • 廊下や病室の環境整備の不良による転落、転倒 など

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ