乗り降りの際に車いすをロックするのはなぜ?|車いすへの移乗

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は車いすのロックに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

乗り降りの際に車いすをロックするのはなぜ?

患者の転倒や転落を防ぐためです。

 

乗降時は、必ず車いすにブレーキをかけます。乗る時も降りる時も車いす本体に患者の体重がかかります。ロックされていなかったり、ロックが不十分であったりすると、車輪が回転してずるずると動き、転倒してしまいます。

 

看護師が乗降の介助を行う場合であっても、安全のために必ずロックしなければなりません。

 

memo車いす操作時の事故
  • ブレーキのかけ忘れ、外し忘れ
  • 患側の足をフットレストから下ろさずに立ち上がる
  • ブレーキをかけずに落ちた物を取ろうとする
  • ベッドサイドに車いすをつける位置がつかめない

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ