患者の体をコンパクトにまとめるのはなぜ?|患者のボディメカニクス

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は患者のボディメカニクスに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患者の体をコンパクトにまとめるのはなぜ?

患者の体がベッドに触れる部分を少なくして摩擦をできるだけ減らすという意味があります。また、上肢や下肢を体の中心に近づけておくと、慣性モーメントが小さくなり、回転しやすくなるという利点もあります。

 

仰臥位から側臥位へ、仰臥位から座位へ、これから行う動きに応じて、胸の前で腕を組んだり、膝を曲げたりします。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ