浣腸液注入後、5分ほど患者に我慢してもらうのはなぜ?|浣腸

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は浣腸液注入後に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

浣腸液注入後、5分ほど患者に我慢してもらうのはなぜ?

浣腸液を注入した後、5分くらい排便を我慢してもらうのは、浣腸液を腸内に留まらせることで適度な機械的刺激を与えるためです。この機械的刺激によって腸の蠕動運動が促され、排便に結びつきます。

 

浣腸後にすぐに排便させてしまうと、浣腸液だけが排出してしまい、肝心の便はそのままということになってしまいます。少なくとも5分くらいは我慢してもらってから排泄を行うように指導しましょう。

 

なお、重症患者、衰弱患者、高血圧患者などは、必要以上に排泄を我慢させると体力の消耗や血圧の変動につながることもありますので、注意が必要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ