胃チューブに注射器を接続し、胃の内容を吸引するのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は胃チューブに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

胃チューブに注射器を接続し、胃の内容を吸引するのはなぜ?

チューブがきちんと内に挿入されているかどうか確かめるためです。

 

チューブを注射器で引いた時に胃液が採取されたり、注射器で空気を注入した時に季肋(きろく)部に気泡音が聴取できれば、チューブが胃内に入っていると確認できます。

 

や嗄声(させい)が出たり、チューブの先端を水につけて気泡が出たりする場合は、誤って気管にチューブを挿入していることになります。

 

図1胃チューブへの注射器の接続

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ