はじめに、お茶や汁物などの流動食を飲むのはなぜ?|食事援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は食事前、流動食を飲むことに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

はじめに、お茶や汁物などの流動食を飲むのはなぜ?

お茶や水によって口腔内の粘膜や食道を湿らせ、食べ物の通りをスムーズにするためです。液の分泌を促す効果もあります。

 

ストローを用いる場合は、口角に2cmくらいくわえてもらい、「吸ってください」と声をかけます。先を曲げることができるストローは、容器の形によって短いほう、長いほうのどちらを口に入れたほうが飲みやすいか判断します。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ