洗髪時、安楽な体位に気をつけるのはなぜ?|清潔援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は洗髪時の体位に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

洗髪時、安楽な体位に気をつけるのはなぜ?

洗髪中は同一体位を維持しなければなりませんので、エネルギーの消耗を最小限にし、疲労を少なくするために、安楽な体位に気をつける必要があります。

 

ポイントは、患者の頭部を挙上したまま安定が保てるように、頚部から肩にかけて、小枕や丸めたバスタオルを挿入することです。これによって頭部とケリーパッドの段差がなくなり、安楽な体位を安定して保つことができるようになります。また、この体位は、湯が背部に入るのを防ぐことにもつながります。

 

より安定した姿勢を維持するために、膝の下に枕やクッションを当て、膝を軽く屈曲させます。これは、腹部の緊張を緩和するためにも効果的です。ベッドと体の間の隙間をなくすことで基底面が広がり、患者は安楽な状態で同一体位を維持しやすくなります。

 

図1洗髪

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ