ウォッシュクロスを患者の肌から離さないように拭くのはなぜ?|清拭

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はウォッシュクロスの拭き方に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

ウォッシュクロスを患者の肌から離さないように拭くのはなぜ?

一定の範囲を拭いているうちにウォッシュクロスは次第に冷めていきますが、皮膚にウォッシュクロスが密着していれば、患者はウォッシュクロスが冷めたことをそれほど感じないものだからです。

 

しかし、ウォッシュクロス皮膚から離してしまうと、再び皮膚に当たった時に、患者は冷たいと感じてしまいます。

 

そのため、患者に冷感を与えることなく一定の範囲を拭くには、ウォッシュクロスを皮膚に密着させておく必要があるのです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ