患者によって気管チューブの固定方法をどう変えるの?選択基準は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管チューブの固定方法」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

患者によって気管チューブの固定方法をどう変えるの?選択基準は?

 

固定方法は、鎮静レベルによって変更します。鎮静が浅いときほど、テープ固定の支持面を広くし、体動や重力によって気管チューブにかかる力を、多方向から固定できるようにしましょう。

 

〈目次〉

 

気管チューブの固定

チューブ固定の最大の目的は「気管チューブの確実な固定」である。確実に固定でき、さらに「皮膚障害予防」と「ケアのしやすさ」を考慮して固定方法を選択する。

 

固定方法に決まったやり方はない。各施設の基準・手順を確認して実施する。

 

以下に、テープによる固定方法と選択例を、固定力の強い順に示す。

 

4面固定(図1

図14面固定の例

 

皮膚とテープの接着面が4面ある固定法である。チューブを支点に、①上顎、②頬の上側、③下顎、④頬の下側の4方向でチューブを支持する。固定力が最も強く、固定テープの貼付範囲が広い。

 

4面固定には、テープ2本を使う方法(図1-方法1)と、切り込みを入れたテープを2枚重ねて固定する方法(図1-方法2)がある。

 

鎮静が浅く(RASS2以上など)、事故抜去のリスクの高い患者に有効である。

 

最も一般的で推奨されている。

 

3面固定(図2

図23面固定の例

 

3面固定には、皮膚とテープの接着面が3面ある固定法である。チューブを支点に、①上顎、②下顎、③頬の3方向でチューブを支持する。

 

2面固定(図3

図32面固定の例

 

2面固定は、皮膚とテープの接着面が2面(口唇から左右へ)ある固定法である。

 

4面固定より固定力が低いため、鎮静が深く(RASS3以下など)、事故抜去のリスクの低い患者に適応される。

 

3面固定を応用した方法(図3-方法1)と、チューブを支点に上顎と頬の2方向による2面固定(図3-方法2)がある。

 

接着面積が小さいため、皮膚が脆弱な患者に有効である。流涎などの影響も受けにくい。

 

チューブが引っ張られ、口腔でのチューブのたわみの原因となるため、必ずチューブを中心に左右対側に支持できるように固定する。チューブを中心に同側の上下2方向への支持(図3-注意)は、固定力が低くなるため避ける。

 

1面固定(図4

図41面固定の例

 

皮膚とテープの接着面が口唇の上1面だけの固定法である。潰瘍形成などで口角固定できないときに有効である。

 

開口を妨げないが、剥がれやすいため、鎮静が深く、事故抜去のリスクが低い患者にのみ適応となる。

 

固定力が弱いため、事故抜去への十分な注意が必要となる。

 

略語

 

  • RASS(RichmondAgitation-SedationScale):リッチモンド鎮静興奮スケール

本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ