閉鎖式気管吸引の方法

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「閉鎖式気管吸引の方法」について説明します。

 

〈目次〉

 

準備

図1気管分岐部の聴診とグラフィックモニタ

 

1気管吸引の必要性の判断

気管分岐部の聴診(副雑音の聴取)、グラフィックモニタなどで、気管吸引の必要性を判断する。

 

2患者への説明

意識の有無にかかわらず、吸引の必要性、どんなことをするのか説明する。

 

3必要物品の準備

閉鎖式吸引キット、吸引器、洗浄用生理食塩液、手袋(未滅菌)、アルコール綿

 

4スタンダードプリコーションの実施

手洗いを行い、手袋を着用する。

 

5吸引前の酸素化

人工呼吸器の100%酸素換気モードにて、吸引前に酸素投与を実施する。

 

吸引実施

図2吸引手順

 

 

 

1吸引圧の設定

吸引圧を20~25kPa(150~200Torr)に合わせる。

 

2口腔・カフ上部吸引

吸引前に、口腔吸引さらにカフ上部吸引(ポートがある場合のみ)を実施する。

 

3吸引カテーテル挿入の準備

手袋を装着する。

 

コネクティングチューブを吸引コントロールバルブに接続し、バルブを180度回転させて開く。

 

4吸引カテーテルの挿入

気管チューブとL字型コネクターの接続部を持ち、スリーブをたぐり上げながら、吸引カテーテルを挿入する。

 

気管チューブと吸引カテーテルの目盛りが合ったところから2〜3cm進める。

 

5吸引

気管分岐部直上まで挿入できたら、吸引圧をかけるコントロールバルブを押さないと、吸引圧はかからない。

 

気管分岐部から1~2cmまでは、ゆっくり(5秒程度)陰圧をかけながら吸引カテーテルを引き戻す。痰は、気管分岐部直上に多い(体位ドレナージは、ここに痰を集めるように行っている)ため、ここをゆっくり吸引する。分泌物のある場所では、一時止めてもよい。

 

吸引カテーテルが気管チューブ内に入ったら、さっと引き抜く。閉鎖回路を維持するため、黒い印の部分まで引き抜くことが重要である。

 

吸引時間は10秒以内で、できる限り短い時間で行う。

 

吸引後

図3カテーテルの洗浄

 

1吸引カテーテル内腔の洗浄

痰の性状を確認する。

 

吸引圧をかけながら、洗浄液注入ポートをアルコール綿で消毒する。

 

洗浄液(生理食塩液)10mL程度を注入し、吸引カテーテル内腔を洗浄する。十分に洗い流すことが重要であるため、洗浄液を少なくしたり、次に使い回したりしない。

 

洗浄が終わったら、すぐに洗浄液注入ポートから洗浄液を外す。洗浄液注入ポートに洗浄水をつけたままにすると、洗浄水が気管へ逆流するリスクとなる。

 

2終了後

バルブを180度回転させ、ロックする。

 

手洗い・手指消毒を行う。

 

吸引効果の評価をする。

 


[文献]

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ