気道確保とエアウェイ

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気道確保とエアウェイ」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

気道確保には、いくつか方法があるの?

 

補助具を使用せず徒手によって行う下顎挙上法と、補助具(エアウェイやチューブ)を使用する方法があります。

 

〈目次〉

 

気道確保の目的

気道確保の目的は、さまざまな理由で気道が閉塞したとき、人工的に気道を開存させ、空気の通り道を確保することである。

 

気道確保の適応

気道確保の適応となるのは、以下の場合である。

 

  1. 意識障害にて舌根沈下など、自分で気道が保てなくなる場合
  2. 呼吸抑制する薬剤を使用した場合
  3. 嚥下反射や咳嗽反射が不十分となり、誤嚥のリスクが高い場合
  4. 出血・異物など気道確保が困難な場合

 

気道確保方法の選択

気道確保が必要だと判断した場合には、すみやかに実施する。

 

まず、器具を用いない手動式気道確保を行う(図1)。頭部後屈顎先挙上法が一般的であるが、転倒・外傷など頸椎保護が必要な患者には下顎挙上を行う。

 

図1手動式気道確保

 

気道確保では「気道の連続性を確保すること」が大切である。長時間の気道確保が困難な場合や、徒手による下顎挙上法に人員を割けない場合は、エアウェイを用いる(図2)。

 

図2エアウェイ

 

気道確保の確実性が高く、長期の気道確保や人工呼吸管理を行う必要がある場合は、気管挿管を行う(図3)。

 

図3気管挿管

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ