バイタル測定前に前回の測定値、測定条件を確認しておくのはなぜ?|バイタルサイン測定

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。
今回は「バイタルサイン測定前の確認」に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

バイタル測定前に前回の測定値、測定条件を確認しておくのはなぜ?

バイタルサインは点としてとらえるのではなく、点と点を結んだ線として考える必要があります。ですから測定する時は、それまでの測定値の推移を前もって確かめることが必要です。

 

バイタルサインは個人差が大きく、患者によって平時の値は微妙に異なります。また、食事や運動の影響を受けやすく、日内変動もあります。

 

前日あるいは前回の測定値は、現在の測定値を評価する際の大きな参考になります。

 

バイタルサインの測定値に変動があった場合は、変動要因を考えることが重要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ