内部環境と外部環境の違いは?|体液の成分と働き

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

今回は内部環境・外部環境に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

内部環境と外部環境の違いは?

内部環境と外部環境の考え方の基本になるのは、「ヒトを含めた多細胞生物にとって、生命の基本が体を構成する細胞である」ということです。

 

外部環境は細胞の集まりである生体を取り巻く環境のことです。空気、気温、湿度、光、闇、音、静けさというように、私たちは様々な環境に取り巻かれ、影響を受けながら生命を維持しています。体の外にある環境ですから、これらを外部環境といいます。

 

内部環境は、生体を構成している60兆個の細胞の1つひとつを取り巻く環境のことです。私たちは、酸素や栄養素を外部から取り入れ、血液などの体液を通じて全身の細胞に送り届けています。

 

そして、細胞の活動で不要になった物質は、同様に体液を通じて排泄されます。 つまり、1つひとつの細胞にとってこれらの液体成分は、細胞の生命維持に直接係わっている環境なのです。

 

この液体成分は細胞の外にあるため、細胞外液といいます。そして体のなかにある環境という意味で内部環境と呼ばれます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ