副腎と腎臓は関連があるの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「副腎と腎臓」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

副腎と腎臓は関連があるの?

副腎と腎臓は名前が似ていて場所も近くであるとはいえ、働きのうえでは全く関連がありませんし、副腎腎臓の付属器官であるわけでもありません。

 

副腎があるのは腎臓の上部で、三角形をした器官が腎臓に乗っているような形態をしています(図1)。

 

図1副腎と腎臓

副腎と腎臓

 

副腎は発生学的には、もともと全く異なる2種類の組織からできています。

 

外側を取り巻く皮質は腺細胞の集合体ですが、中央部の髄質は交感神経の神経細胞が軸索を失って分泌細胞(腺細胞)に変化したものです。皮質からは副腎皮質ホルモンが、髄質からは副腎髄質ホルモンが分泌されます。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ