誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は誤嚥予防に関するQ&Aです。

 

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

誤嚥予防のために、うなずき嚥下がいいのはなぜ?

 

食塊の咽頭での残留を防ぎ、食塊をスムーズに食道へ送り込むためです。

 

うなずき嚥下とは

嚥下時には口腔内で形成された食塊が、咽頭から食道に円滑に送り込まれる必要があります。しかし、咽頭では食塊の残留しやすい部位が2か所あり、その1つが梨状陥凹(梨状窩)であり、この場合には横向け嚥下が有効とされています。

 

もう1つの残留しやすい部位が喉頭蓋谷であり、これを防ぐには頚をまず後屈させ、重力によって喉頭蓋谷に残留した食塊を咽頭後壁に落とし、その後に頚を前屈させて食道の入口部を開き、また気管入口部の角度も急となり誤嚥を防ぐことができます。

 

上記の一連の流れが、うなずく動作と類似しているためうなずき嚥下とよばれています。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ