服装、挨拶など…面接時のマナー

面接時にふさわしい服装…大切なのは清潔感

基本は黒かダークグレーのリクルートスーツに白いシャツです。どんな服装で面接に行くべきなのか、わからなくなったら、就職活動をしていた頃のスーツとシャツを引っ張り出してみると良いでしょう。

もし、スーツがない人や、そこまでかしこまらなくても大丈夫そう…という人は、暗い色のパンツまたはスカート(膝丈)に、落ち着いた色調のジャケットを着用し、暗い色のパンプスを合わせると良いでしょう。

ヒールは低め(5cm未満)、ピアスやアクセサリーもおとなしいものを選び目立つものは付けない、など、普段より抑えた服装を心がけましょう。

同様に、カバンもシックに、就職活動時に使ったような、肩掛けの暗い色味のものを。カラフルなものやチェーンや装飾金具などが付いたカジュアルなものを避けた方が良いかもしれません。持っていなければ知り合いに借りるのも良いでしょう。

面接時のメイクと髪型は?

髪は清潔に。長めの人は、前髪が顔にかからないよう、しっかりと分けるか、1つにまとめると良いでしょう。あまりにも明るいカラーを入れている場合は、少しトーンを抑えてから面接に行った方が良いかもしれません。

メイクは基本、ナチュラルメイク。面接の場に派手なメイクや服装で行くことは、相手によって不謹慎、礼儀知らずと思われてしまう危険があります。

面接はお洒落を競う場ではなく、身だしなみの方に比重が置かれますから、自然な仕上がりを意識してみましょう。また、マニキュアも同様の理由から、クリアやヌードカラー以外は付けない方がブナンです。

その他、歯磨きと口臭予防、爪切りを済ませるのはもちろんのこと、伝線対策として予備のストッキングを携帯するくらいの徹底ぶりがあると安心です。

『応接室に通されたら、既に面接官が待機していた場合はどうしたら良いの?』
『面接終了後、人事担当者にエレベーターのところで「失礼します」と言われてしまった場合のマナーは?』

といった細かな疑問は、看護roo!が無料でプレゼントしている『ナースのHappy転職ガイドブック』をご覧ください。

看護roo!転職サポート

『ナースのHappy転職ガイドブック』は無料転職サポートをご利用いただく方に無料でプレゼントしています(通常は1~2日で発送)。ご希望の場合は、下記のボタンからお申込ください。

転職サポートに申し込む