最終更新日 2019/09/30

経皮経肝胆道鏡

経皮経肝胆道鏡 とは・・・

経皮経肝胆道鏡(けいひけいかんたんどうきょう、percutaneous transhepatic  cholangioscopy;PTCS)とは、経皮経肝胆道ドレナージ (けいひけいかんたんどうドレナージ、percutaneous transhepatic  cholangiodrainage;PTCD)のルートを利用し、内視鏡を挿入して胆管内を観察する処置。

総胆管結石や肝内結石の診断および治療、胆管がんの診断などに用いられる。

現在は、十二指腸乳頭括約筋切開術、乳頭括約筋バルーン拡張術などが容易に行われるようになったことから、施行機会は減少している。

執筆: 山本健人

京都大学大学院医学研究科 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ