看護用語辞典 ナースpedia キーワード:ヒヤリハット

ヒヤリハットとは・・・

ヒヤリハット(ひやりはっと)とは、重大な災害や事故には至らないものの、直結してもおかしくない一歩手前の事例の発見を指す。文字どおり、突発的な事象やミスに「ヒヤリ」としたり、「ハッ」としたりするものである。

重大な事故が発生した際には、その前に多くのヒヤリハットが潜んでいる可能性があり、ヒヤリハットの事例を集めることで重大な事故を予防することができる。そこで、医療施設のなかには、各個人が経験したヒヤリハットの情報を共有し、蓄積することによって、医療事故の防止に役立てているところもある。

【典型的なヒヤリハットの例】
■間違った内服薬を患者に渡したが、患者がいつもの薬と違うことに気づき、実際には内服しなかった。
■患者は間違った薬を渡されたため渡された内服薬をそのまま内服してしまったが、実際にはそれによって健康被害を起こさなかった。患者からのクレームもなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

「白衣の戦士!」で学ぶ癒着性腸閉塞の治療とケア

この春始まった新ドラマを題材に、ナースに必要な医学知識を楽しく解説! [ 記事を読む ]

JCSっていつ、どんなときに使うの?

患者さんを見て、すぐに「JCS●点!」って評価できますか? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

看護師の仕事は好きですか?

投票数:
1338
実施期間:
2019年04月05日 2019年04月26日

腰が痛くて困ったことはありますか?

投票数:
893
実施期間:
2019年04月12日 2019年05月03日

職場の飲み会でお酌しますか?

投票数:
879
実施期間:
2019年04月16日 2019年05月07日

【転職経験者さん限定】前の病院と違っていて驚いたことありますか?

投票数:
492
実施期間:
2019年04月19日 2019年05月10日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2147

以下のうち、小児の原始反射ではないものはどれでしょうか?

  • 1.モロー反射
  • 2.手掌把握反射
  • 3.足踏み反射
  • 4.パラシュート反射
今日のクイズに挑戦!