最終更新日 2019/09/30

Lown分類

Lown分類とは・・・

Lown分類(ろーんぶんるい)とは、不整脈の1つである心室性期外収縮(PVC)の重症度を分類する方法である。心電図の所見に応じてグレード0~5の7段階に分けられる。ラウン分類ともいう。

■grade0 :心室期外収縮無し
■grade1 :散発性(1拍/分または30個/時間以内)
■grade2 :散発性(1拍/分または30個/時間以上)
■grade3 :多形性(期外収縮波形の種類が複数あるもの)
■grade4a:連発性(2連発)
■grade4b:連発性(3連発以上)
■grade5 :短い連結期(R on T現象)

グレード3以上になると心室細動誘発の危険性が高くなることから、救急治療が必要とされる。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ