最終更新日 2019/10/24

カタプレキシー

カタプレキシーとは・・・

カタプレキシー(かたぷれきしー、Cataplexy)とは、喜怒哀楽、恐れや羞恥といった過度の感情の高ぶりによって、全身あるいは膝や腰、あご、まぶたなどの筋力が抜けてしまう発作である。情動脱力発作とも呼ばれる。
 
カタプレキシーは、ナルコレプシーに伴って併発するケースが多い。オレキシン神経が失われているために扁桃体の活動が過剰になり、脱力を起こす。発作中、意識はしっかり保たれており、しばらくすると元に戻って、自然に力が入るようになる。

 

引用参考文献
1)感情の高ぶりによって脱力発作が引き起こされる神経メカニズムを解明!.金沢大学.

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ