看護用語辞典 ナースpedia キーワード:核磁気共鳴断層撮影

核磁気共鳴断層撮影とは・・・

核磁気共鳴断層撮影(かくじききょうめいだんそうさつえい)とはMRIのこと。

磁力と電波を利用して体内の画像を撮影する方法。体内の断面の画像をあらゆる角度から得ることが出来るため、CTでは得られない情報を得ることが出来る。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

准看護師を選んだ理由で一番多いのは?

現状に不満は?将来像は?本音が集まりました。 [ 記事を読む ]

輸液中の空気、人体に入ってしまったらどうなるの?

ルート内に空気が入った場合、どれくらいまで大丈夫? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

仕事をする上で、ぶっちゃけどれが一番大事?

投票数:
913
実施期間:
2018年08月31日 2018年09月21日

東京医大の女子一律減点、どう思った?

投票数:
1001
実施期間:
2018年08月24日 2018年09月21日

最近の新人教育の方針は?

投票数:
820
実施期間:
2018年09月04日 2018年09月25日

休憩時間とれてる?

投票数:
753
実施期間:
2018年09月11日 2018年10月02日

寿退職したい? したくない?

投票数:
577
実施期間:
2018年09月18日 2018年10月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3040

新生児GBS感染症についての説明で、正しいものは以下のうちどれでしょうか?

  • 1.妊婦のGBS保菌が陰性であっても、前児がGBS感染症であれば、分娩中に抗菌薬を投与する。
  • 2.GBS保菌妊婦の分娩中に投与するのは、マクロライド系抗菌薬である。
  • 3.新生児GBS感染症は、出生当日に発症することはない。
  • 4.早発型GBS感染症は、遅発型GBS感染症よりも後遺症率が高い。
今日のクイズに挑戦!