最終更新日 2019/10/24

左脚分枝ブロック

左脚分枝ブロックとは・・・

左脚分枝ブロック(さきゃくぶんしぶろっく)とは、左脚の左脚前枝もしくは左脚後枝のどちらか片方が伝導障害を起こしている状態(どちらもブロックを起こしている状態は左脚ブロックという)のことである。
 
左脚前枝がブロックになったものを左脚前枝ブロック、左脚後枝ブロックになったものを左脚後枝ブロックと呼ぶ。左脚前枝の伝導が障害を起こすと、心電図において、中等度のQRS延長と高度な左軸偏位が見られる。左脚後枝ブロックでは、高度な右軸偏位を生じる。

 

引用参考文献
1)L.Brent Mitchellほか.脚ブロックおよび束枝ブロック.MSDマニュアル プロフェッショナル版.

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ