最終更新日 2018/12/14

おりもの

おりものとは・・・

おりもの(fluor)とは、子宮頸部やバルトリン腺からの分泌物のことである。帯下(たいげ)ともいう。子宮・腟内の自浄作用や、性交渉を円滑に保つための働き、受精の際に精子が子宮内に侵入することを助ける作用がある。

■正常
正常の帯下でも、蒸れや過度な洗浄、肌に合わない下着の着用が原因となり、排卵の周期によって性状や量が変化する。卵胞期前半は半透明から白っぽい帯下が少量あるが、排卵前後には粘調度の高い透明な帯下に変化する。排卵の際には、少量の血液が混じることもある。黄体期になると、徐々に帯下は減少し、白色に変化、その後、月経が起こる。

■異常
月経周期に関係なく、帯下の増加、悪臭、性状が変化する際には、子宮内感染や異物、腫瘍の可能性があるため、産婦人科受診が勧められる。例えば、酒粕様の帯下はカンジダ腟炎で特徴的とされ、膿性の変化はクラミジアや淋菌感染の際にみられやすい。また、悪性腫瘍の症状として、血性帯下がみられる場合がある。その他、蒸れや過度な洗浄、肌に合わない下着の着用が原因となる場合もある。

執筆: 畑 菜摘

兵庫県立尼崎総合医療センター ER総合診療科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ