看護用語辞典 ナースpedia キーワード:カットオフ値

カットオフ値とは・・・

最終更新日 2018/10/25

カットオフ値(かっとおふち、cutoff value)とは、ある検査の陽性、陰性を分ける値のことである。病態識別値とも呼ばれる。その検査結果によって、特定の疾患に罹患した患者と罹患していない患者を分ける境界値である。

理想的な検査とは、検査陽性者は皆疾患があり、検査陰性者は皆疾患がないと診断できることであるが、実際には疾患があるが陰性の場合(偽陰性)と、疾患がないが陽性の場合(偽陽性)がある。そのため、疾患群と非疾患群を分けるカットオフ値を設定すると必ず偽陽性・偽陰性が生じるようになる(図1)。

また、良い検査とは、感度(疾患があるもののうち検査陽性の割合)と特異度(疾患がないもののうち検査陰性の割合)がそれぞれ高くなるように、カットオフ値を設定できる検査である。すなわち、感度が高い検査とは、偽陰性が少なく、検査が陰性であれば疾患がない可能性が高いといえる検査である。一方、特異度が高い検査とは、偽陽性が少なく、検査が陽性であれば疾患ある可能性が高いといえる検査である。

図1カットオフ値

縦軸を「人数」、横軸を「検査数値」でカットオフ値を表した表。結果が陰性でも疾患に罹患している人、結果が陽性でも罹患指定ない人が一定数いることがわかる。

執筆

浅香葉子

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター副医長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1246
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1136
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1055
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1012
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
866
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
563
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2607

急性心筋梗塞後、心収縮能低下を代償するために心筋リモデリング(左室内腔の拡張)が起こります。以下のうち、心筋リモデリングの予防のために内服する薬はどれでしょうか?

  • 1.エナラプリルマレイン
  • 2.ループ利尿薬
  • 3.クロピトグレル
  • 4.カルベジロール
今日のクイズに挑戦!