看護用語辞典 ナースpedia キーワード:視能矯正

視能矯正とは・・・

最終更新日 2018/08/21

視能矯正(しのうきょうせい)とは正常な、もしくはより良い両眼視機能(遠近感や立体感)を得るために行う治療のことである。
視能矯正の対象となる病態としては、弱視・斜視がある。

【弱視視能矯正】
弱視は幼少期の視覚の発達期に適切な視性刺激(鮮明な網膜像)が与えられないことにより起こる視力低下であり、眼に器質的疾患はなく、治療により視力が改善するものである。そのため正常に使われていない眼を使わせることが治療となる。
(1)屈折矯正
屈折異常による弱視が多くの原因を占めている。その中でも遠視と乱視が多い。アトロピン点眼の後に眼鏡やコンタクトレンズで矯正を行う。
(2)遮蔽法
正常な方の眼を遮蔽することで、正常に使われていない眼を使わせる方法。完全遮蔽や不完全遮蔽、ペナリゼーション(焦点調節麻痺剤を使用する方法)といった手法がある。

【斜視視能矯正】
斜視とは眼位の異常であり、正常では目標に向かって視線が交差するが、斜視の場合は片眼が目標とは違う方向に向かっている状態である。このとき両眼視ができないため、偏位眼では正常な視覚の発達が起きずに弱視となる場合がある。
(1)屈折矯正
屈折異常による斜視の場合は矯正眼鏡で治療する。代表的なものに調節性内斜視(ピント調節が原因の斜視)がある。
(2)プリズム治療
プリズム眼鏡(光を屈折させる特殊な眼鏡)を装用させることで、幼少期の日常の両眼視を獲得させる方法である。
(3)両眼視機能訓練
大型弱視鏡などの器械を使用し訓練する。入院もしくは通院で訓練することが多い。
(4)外科的治療
外科的に外眼筋の位置をずらすことで斜視の治療をする。

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

「ドクターX」に学ぶ 入れ墨のある患者さんの対応とよくある事例

MRI検査がダメってホント?手術への影響は?看護師に必要なことをコンパクトに解説! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

尊敬する先輩ナースのエピソードある?

投票数:
1213
実施期間:
2019年11月05日 2019年11月26日

生まれ変わったら何になりたい?

投票数:
1198
実施期間:
2019年11月08日 2019年11月29日

看護師が選ぶ!キャラクター大賞!2019

投票数:
1090
実施期間:
2019年11月12日 2019年12月03日

実は勘違いしていた医療用語ある?

投票数:
980
実施期間:
2019年11月15日 2019年12月06日

救急救命士、病院内でも救命処置が可能に。あなたは反対?賛成?

投票数:
776
実施期間:
2019年11月19日 2019年12月10日

結婚するなら、同じ医療者がいい?それとも、医療者以外がいい?

投票数:
401
実施期間:
2019年11月22日 2019年12月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者1082

◆整形の問題◆腰椎疾患で使用する硬性コルセットについて正しい説明はどれでしょうか?

  • 1.大幅な体重の増減があってもコルセットがきつくなったり緩んだりはしない。
  • 2.コルセットのずれが生じやすいため、下着は着けず肌に直接装着する。
  • 3.コルセットの固定を締めすぎると外した時にめまいが生じることがある。
  • 4.コルセットのベルトは上から下へと締める。
今日のクイズに挑戦!