最終更新日 2018/08/21

屈折矯正手術

屈折矯正手術とは・・・

屈折矯正手術(くっせつきょうせいしゅじゅつ)とは目の屈折異常を矯正するために行われる手術のことである。

眼鏡やコンタクトレンズなどの非侵襲的な処置ではなく、手術によって屈折異常を矯正するもので、角膜に対するものを特に角膜屈折矯正手術と呼ぶ。

日本では屈折矯正手術としてはレーザー角膜内切削形成術(LASIK)、レーザー屈折矯正角膜切除術(PRK)、レーザー上皮下角膜切除術(LASEK)、エピレーシック(epi-LASIK)、有水晶体眼内レンズなどが行われている。

執筆: 山本彌

防衛医科大学校病院 眼科 救命救急センター

執筆: 佐藤智人

防衛医科大学校病院 眼科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ