最終更新日 2018/08/21

放射状角膜切開術

放射状角膜切開術とは・・・

放射状角膜切開術(ほうしゃじょうかくまくせっかいじゅつ)とは角膜屈折矯正手術の一つで、角膜に切開を入れて形状を変化させることで屈折矯正を行うものである。

角膜に放射状にメスで切開を入れる。切開を入れることで角膜のカーブの形状が変化し、それにより屈折矯正を得る。角膜にメスを入れるため、術後の角膜に濁りが生じたり見え方が不安定であったりといった問題があった。

現在ではレーザー角膜内切削形成術(LASIK)などの角膜屈折矯正手術の方が件数が多くなってきている。

執筆: 山本彌

防衛医科大学校病院 眼科 救命救急センター

執筆: 佐藤智人

防衛医科大学校病院 眼科 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ