最終更新日 2019/06/17

経尿道的膀胱腫瘍切除術

経尿道的膀胱腫瘍切除術とは・・・

経尿道的膀胱腫瘍切除術(けいにょうどうてきぼうこうしゅようせつじょじゅつ、transurethral resection of bladder tumor;TURBT)とは、膀胱内に発生した腫瘍やがんを、内視鏡を使うことで尿道から逆行性に膀胱を観察し、切除する手術のことである。

膀胱に発生する腫瘍のうち、良性の腫瘍(乳頭腫など)はこの手術で全ての腫瘍が切除できれば完治が可能である。膀胱の壁内に浸潤していく悪性の膀胱がんであったとしても、腫瘍と腫瘍の根部を含む膀胱壁を切除することにより、組織の型や浸潤度を直接評価できるため、まずこの手術を行うことで、治療方針を決めることができる。

【手術方法】
局所麻酔(脊椎麻酔)、もしくは全身麻酔を行いループ型電極にて切除する。尿道から内視鏡を挿入するため、腹部を切開せずに手術が可能であり、患者の負担も少なくすることができる。

執筆: 㮈本悠嗣

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ