最終更新日 2020/02/05

陰核

陰核とは・・・

陰核(いんかく、clitoris)とは、女性の外性器の一部で、小陰唇が合わさる頭側の突起部分である。クリトリスともいう。発生過程から男性の陰茎に相当する。

【役割】
成人女性の場合、陰核の大きさは通常約3~5cm程である。色調はピンク色から暗褐色まで様々である。
特記すべき機能はない。男性の陰茎と同様に性的興奮により勃起する。

胎生4週頃に分化した生殖結節は、男性(XY)の場合はテストステロンの作用で陰茎となるが、女性(XX)の場合はテストステロンの作用が弱いため、陰核となる。
また、生殖結節と同時期に分化した生殖隆起は、男性の場合は陰嚢となり、女性の場合は大陰唇となる。

執筆: 片上大輔

神戸市立医療センター中央市民病院 救命救急センター 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ