最終更新日 2019/09/30

合計特殊出生率

合計特殊出生率とは・・・

合計特殊出生率(ごうけいとくしゅしゅっしょうりつ)とは、「15~49歳までの女性の年齢別出生率を合計したもの」で、一人の女性がその年齢別出生率で一生の間に生むとしたときの子どもの数に相当する。期間合計特殊出生率と、コーホート合計特殊出生率の2つがある。合計特殊出生率が2.07を上回れば人口増、下回れば人口減となる。

■期間合計特殊出生率
ある特定の1年間における出生状況に着目したもので、その年における各年齢(15~49歳)の女性の出生率を合計し算出する。女性の年齢構成は除外した「その年の出生率」であり、年次比較、国際比較、地域比較に用いられる。

■コーホート合計特殊出生率
ある世代の出生状況に着目したもので、同一世代に生まれた(コーホート)女性の各年齢(15~49歳)の出生率を過去から積み上げた算出する。「その世代の出生率」を示す。

■日本の合計特殊出生率
1981年には合計特殊出生率は1.74だったのが、年々低下し続けて、2005年には1.26まで低下。その後、横ばいから微増となり、2017年には1.43となっている。

執筆: 永澤成人

東京慈恵会医科大学医学部 看護学科老年看護学助教 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ