最終更新日 2019/09/30

ラウエンシュタイン法

ラウエンシュタイン法とは・・・

ラウエンシュタイン法(らうえんしゅたいんほう)とは、股関節斜位撮影をする肢位(関節の角度)のことである。ラウエンともいう。
仰臥位で非健側を45°挙上した斜位とし、健側の股関節を屈曲45°、外転45°とする。大腿骨頸部の画像診断として広く活用されている。

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ