1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 人工呼吸ケアのすべてがわかる>
  4. 筋力トレーニングは、呼吸器疾患患者に対して有効なの?

2019年02月05日

筋力トレーニングは、呼吸器疾患患者に対して有効なの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

今回は「呼吸器疾患患者に対する筋力トレーニング」に関するQ&Aです。

筋力トレーニングは、呼吸器疾患患者に対して有効なの?

労作時の息切れ軽減や運動耐容能の向上が期待できます。
ただし、呼吸器疾患患者は低栄養であることが多く、筋力トレーニングを行う場合は栄養療法との併用が望ましいです。

 

COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者への筋力トレーニング

呼吸器疾患患者に筋力トレーニングを行う根拠として、COPD(慢性閉塞性肺疾患)患者に対する効果が挙げられる(表1)。運動耐容能の改善に効果が期待でき、COPD患者における予後との関連性も報告されている

表1COPD患者への筋力トレーニングの効果

エビデンス 効果
A 運動耐容能の改善、呼吸困難感の軽減、健康関連QOLの向上、COPDによる上肢機能の改善
B 上肢の筋力と持久力トレーニングによる上肢機能の改善、効果はトレーニング終了後も持続、生存率の改善
C 呼吸筋トレーニングは特に全身運動トレーニングと併用すると効果的、心理社会的介入療法は有用
  1. A:研究計画や実施要項が整備された対照試験により効果の検討が行われている
  2. B:観察研究あるいは対照群をおいた試験から得られた科学的根拠であるが、勧告の証拠としては一貫性が欠けている
  3. C:入手しうる科学的根拠では一定の見解を導けないか、対照試験ではないため、ガイドラインの勧告は専門家の意見に基づく

 

筋力トレーニングを行う際、栄養状態の評価が必要である。特にCOPD患者では、%IBW(%標準体重より低い患者が約90%を占めるとされる。このような低栄養の呼吸器疾患患者に対する負荷の高い筋力トレーニングは、タンパク異化を助長させる恐れがあるため注意が必要である。

重症呼吸器疾患患者に対する適切な栄養療法は、いまだ明らかになっていないが、筋力トレーニングは栄養状態を判断しながら低負荷から開始し、コンディショニングとADLトレーニングを併用して進めることが推奨される。

 

略語

  • COPD(chronic obstructive pulmonary disease):慢性閉塞性肺疾患
  • %IBW(% ideal body weight):%標準体重

[文献]


[Profile]
下地大輔
東京慈恵会医科大学附属病院リハビリテーション科


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

[出典]『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』(編集)道又元裕/2016年1月刊行

新 人工呼吸ケアのすべてがわかる本

著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

いちおし記事

国試、合否のボーダーラインは?【過去10年データ】

看護師国試お疲れ様でした!この記事で過去のボーダーを確認できます! [ 記事を読む ]

MMTの測定方法

各関節の評価のポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

心電図、得意?苦手?

投票数:
1467
実施期間:
2019年02月05日 2019年02月26日

あなたを救ったこの1曲

投票数:
1312
実施期間:
2019年02月08日 2019年03月01日

今だから言える!国試の「失敗」教えてください

投票数:
1167
実施期間:
2019年02月12日 2019年03月05日

国試合格のためにやった験担ぎは?

投票数:
1144
実施期間:
2019年02月15日 2019年03月08日

国試が終わった日、どう過ごした?

投票数:
994
実施期間:
2019年02月19日 2019年03月12日

手指消毒、1日に何回してる?

投票数:
693
実施期間:
2019年02月22日 2019年03月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者372

60歳女性。子どもたちは独立し、定年を迎えた夫と二人暮らしをしています。犬の散歩中につまずき、股関節の痛みが続いたため、あなたが勤めている整形外科医院を受診しました。幸いにも骨折の所見はなく、自宅へ帰宅することになりました。しかし、整形外科医から骨粗しょう症の指摘を受けていたので、あなたは帰宅後の生活指導を行うことにしました。この患者さんの生活指導として、最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.骨粗しょう症の危険因子である喫煙や過度の飲酒があるかどうかを確認し、控えるように指導した。
  • 2.骨粗しょう症による骨折の好発部位である指先や足先に注意して生活するように指導した。
  • 3.カルシウム、ビタミンDのほか、リンを多く含む食品をよく摂取するように指導した。
  • 4.運動療法は疲労の原因や関節への負担になるので、室内でのストレッチ程度にするように指導した。
今日のクイズに挑戦!